創薬関連装置

自動化装置開発・製造の株式会社ライフテック Home  >  創薬関連装置

過去に製作した創薬関連装置をご紹介します

ライフテックが過去に製作した創薬関連装置をご紹介します。
お客様のご要望に最適な自動化装置をご提案いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

タンパク質合成装置(多種類少容量型)

無細胞タンパク質合成技術を使った「多種類少容量型」装置です。
384種類1ウェルあたりの合成量(数十μg)の合成が可能です。

特徴

転写、翻訳まで全自動で行います。1ウェルあたり精製前約10μg(GFPの場合)の合成能を有し、一昼夜で384ウェル同時に合成します。
重層法:1バッチ(最多384種類)のタンパク質合成可能
RB法:1バッチ(最多192種類)のタンパク質合成可能

タンパク質合成装置(多種類少容量型)

構成および仕様

  • XYZロボット
  • ロボットハンド
  • 8連分注機(1):(分注量:20〜300μl)
  • 8連分注機(2):(分注量:1〜20μl)
  • チップステージ
  • 冷却試薬槽(2〜4℃):4種類
  • 恒温槽(10〜40℃)
  • 遠心機(回転数:4,800rpm スイング方式)
  • 上清除去ユニット:上清パッド装着による落下方式
  • 蓋置場:PCRプレートおよびMTPプレート用
  • PCRプレート置場(15℃)
  • MTPプレート置場

培養ブロス自動抽出装置

有用物質(新薬の開発用)を取り出す装置です。

特徴

保冷庫内160本のサンプルに対して、溶液の分注、加振、遠心分離の機能を使って、サンプル内の必要な成分を分離、精製する装置です。
精製された高純度の試料は、分取ユニットにてPP製の試験管へ採集され、キャップをした状態で保冷庫に戻されます。

培養ブロス自動抽出装置

構成および仕様

  • 2連分取装置:(分取量:最大5ml)
  • 5連試薬ポンプ:(分注量:最大10ml)
  • キャップ開閉器
  • 多関節ロボット
  • 垂直ミキサー
  • 保冷庫:遠心チューブ160本、試験管(PP製)640本セット可
  • 遠心機:回転数:4,500rpm
  • 処理能力:160サンプル抽出自動小分け連続処理
    同サンプルに対し、多重プロトコール運転可能

全自動秤量分注システム

リード物質探索用の全自動秤量・分注装置です。

特徴

微量の粉末の入った容器をラックごとセットすると、各々の容器を電子天秤で秤量後、所定の試薬を分注し、全ての容器(最大400本)を自動で設定濃度にします。
また、各々の容器にIDバーコードの貼付を行い、キャップにはIDをレーザーマーカにより印字する機能も搭載しています。これにより、試薬の調製からの一貫したID管理が可能です。

全自動秤量分注システム

構成および仕様

  • 分注機:分注量(モル濃度入力自動計算)
  • 電子天秤
  • 容器ラック:2ラック(200本/1ラック)
  • 多関節ロボット
  • キャップ着脱器:トルクリミット機能付
  • バーコードラベラ
  • レーザーマーカ
  • 処理能力:秤量のみの場合・200本/2.5時間
    ラベル貼り付けから秤量までの場合・200本/5.8時間

弊社は、研究室・検査室等の自動化分野におけるバイオ・創薬・理化学・工業関連装置をはじめ、多種多様の開発・製造に対応してまいりました。

■自動化装置開発の実績を一部ご紹介いたします。

■OEM製作にも対応しております。

自動化装置の製造・カスタマイズのお問い合わせフォームはこちら(TEL:04-2935-2711)
TEL:04-2935-2711 FAX:04-2935-2710

営業時間:9:30〜17:30(月〜金)
お電話の際は「ホームページを見た」と一言お伝えください。
営業時間外はお問い合わせフォームをご利用ください。